エーモン/クルマDIY情報 クルマいじりのネタや製品の使い方をご紹介

DIY School 【 電装DIYの基礎知識 】


テスト画像

DIY Schoolはクルマ特有の電気知識や配線パーツの選び方などご紹介しています。


電工ペンチの使い方

AMON DIYSCHOOL第五弾のテーマは【電工ペンチの使い方】です。 ギボシ端子のかしめやコードを切断するときに活躍する電工ペンチの使い方を勉強しましょう! 電工ペンチはDIYをするときの必須品です。正しくかしめをできていないと接触不良が起こり、電装品が機能しないこともあります。 ...

続きを見る

配線コードを接続・分岐するパーツの選び方

AMON DIYSCHOOL第四弾のテーマは【配線コードを接続・分岐するパーツの選び方】です。 配線コードの選び方がわかったら、次は接続・分岐をするためのパーツの選び方を勉強しましょう! 配線コードに選び方があるようにコードに合わせたパーツの選び方もあります。一緒に勉強して楽しくDIYし ...

続きを見る

配線コードの選び方

AMON DIYSCHOOL第三弾のテーマは【配線コードの選び方】です。 電装品の電気の仕組みや流れを理解して配線コードなど選ばないと大事な愛車の重大な事故に繋がってしまいます。 大事な愛車を守るためにも、クルマいじりをする前に配線コードの選び方を一緒に勉強して楽しくDIYしましょう!

続きを見る

クルマの電気の仕組み

AMON DIYSCHOOL第二弾のテーマは【クルマの電気の仕組み】です。 クルマいじりにはかかせない誰もが通る道です。基本的には理科の実験でつかうような乾電池と仕組みは似ています。 電気の仕組みを理解すれば電装品をつける際の配線がわかります。 クルマの電気の仕組みを一緒に勉強しましょ ...

続きを見る

電気の種類・場所

AMON DIYSCHOOL第一弾のテーマは【電源の種類と場所】です。 クルマのDIYするためには欠かせない最初の第一歩です。 電源にはACC、イルミ…などの種類があります。 この電源をどこからとるかの場所の選定が必須になってきます。 ドライブレコーダーの取付の際にもいる知識です ...

続きを見る

電工ペンチの使い方

この電工ペンチ1本で、端子のかしめや圧着から、配線コードを切断したり、被覆をむいたりすることができます。 配線コード同士をつなぐ場合は、専用のこの工具で、端子と配線コードをつなぐことにより抜けにくくなり、 より安全な接続が可能になります。 電工ペンチを自由に扱えるようになると、クルマい ...

続きを見る

細線用電工ペンチの使い方

消費電力の少ないLEDまわりの配線コードには、細い線が使用されているケースが多く、 接続する時にお困りになられたことはないでしょうか? そんな時は、細線用電工ペンチを使用して、細線対応の各種端子を圧着・接続すると便利です。 ※注意 細線用の端子類につきましては、かしめの引張強度が低く ...

続きを見る

検電テスターの使い方

検電ってなんだろう? 検電とは読んで字のごとく電気を検査することで、配線コードに電気が流れているかどうかをチェックすることです。 なぜ検電は必要なの? 配線に電気が流れているかいないかは見た目では分かりません。 間違った配線コードへ接続をするのは非常に危険です。 検電テスターで配線コー ...

続きを見る

デジタル検電テスターの使い方

デジタル検電テスターは『導通確認モード』『電圧測定モード』と、2つのモードを選択する事ができます。 【通電確認】 ●電圧値を知り、正しく電源を分岐したい ●常時電源・ACC電源を判別したい ●パルス信号線を判断したい ●メーターなどの照明色を変更する時に、照明用の電圧値を知りたい ...

続きを見る

スイッチの基本知識

様々な電装品のオン/オフ時、切り替え時に使用されるスイッチ。 スイッチは外部からの力を受け、電気の流れを機械的に切り替えます。 形状は、トグルスイッチ・プッシュスイッチ・ロッカスイッチと大きく3つの種類 分類としてON-OFF・ON-ON・ON-OFF-ON・PUSH-ON(自動もどり ...

続きを見る